今、スポーツジムでできるホットヨガは人気が高いです。しかしホットヨガについてあまり知らない人も、結構いるのではないでしょうか。実はネーミングのとおりホットヨガは室温を39度前後、湿度は約60%前後にした部屋の中で行うヨガのことなのです。この状態は体が最高に柔軟になり、ヨガのスローな動きにとても合っていると言われています。ゆっくりと筋肉を伸ばしながらヨガを行うことができるのです。それによってヨガの効果が一段と高くなります。そして当然汗が一般のヨガよりずっと多く、やってみるとすぐにデトックス効果を感じることでしょう。ヨガはさまざまなポーズがありますが、特に健康や美容、ダイエットのためのホットヨガの場合は自然に筋肉を伸ばすことと、インナーマッスルを鍛えることが重要となります。

温かく湿度の高い状態でヨガをすると体温が上昇していきますが、わたしたちの体は気温が高くなることになかなか慣れにくく体温の調整が難しいのです。そのため体温を高めるためにヨガをします。ヨガは無理せずゆっくりとした動きでも体温を高めることができる有酸素運動です。そのためデトックス効果が高まることになります。ただし水分の補給だけは十分行うようにしなければなりません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket